節電 暖房 

今年の冬の節電

今年の冬の節電


今年の冬の節電

消費税が上がった今年の冬、節電対策して、温かい快適な家庭の暮らしの工夫しましょう♪


冬の寒さ対策は、寒ければ暖房をつけるというのが簡単な対策ですが、電気量を少なくするのはどうしたらよいか、どんな暖房をすればよいか、考えていきましょう。
節電 冬で、考えるポイントは
1、部屋の設定温度に応じた体温調節をどうするか → 節電 冬 ファッション 室内
2、暖房器具の設定温度を低くて済むにはどうしたらよいか → 屋内の節電対策
3、寒い冬を快適に過ごすために何が必要か → 温かく生活する工夫 → 節電 アイテム
4、暖房器具、どんなものを使うか → こたつ、エアコン、床暖房
5、快適な冬の外出に良い服、あったかグッズとは → 節電冬 ファッション 外出

 

 
1、まず、設定温度を18度にして、それより高くても寒さを感じる場合は(私なんかは18度では寒いです)衣服で調節します。
薄いダウンベストが1枚あれば、急に寒くなっても着るとぽかぽかになりますね。
暖房にはどんなものがあるかというと、こたつ、石油ストーブ、ガスストーブ、エアコンがあり、新製品ほど、節電できるようにできています。
消費税が上がって、その他にも品物自体の値段が上がっていったものもあり、工夫次第では電機は節約できます。
この冬、節電をうまく楽しく実行しましょう♪